• 225月

    中古車の査定の場合には、車の中の臭いがひどいと必ず査定がマイナスになります。

    中古車の査定の場合に、車の中の臭いというのは案外と大きな査定のマイナスのポイントになってきます。

    内装のマットやシートというのは、布張りの場合が多いため臭いが付きやすくなっている場合が多くあります。

    また、車の中でペットが一緒に乗っていたり、喫煙したりしている車の場合には、そのペットやタバコの臭いが車の中に染み込んでしまっています。

    そして、車を毎日使用している場合にはその臭いに慣れてしまっており、他の人に言われないとなかなか自分で気がつきにくいようになってしまっています。

    査定士の場合はプロであるため、このような臭いはすぐにわかってしまって、査定の場合に評価がマイナスになってしまうでしょう。

    車の中の臭いを無くすためには時間が相当かかる場合もあるため、車を売りたいと思ったら臭いを無くすために対策を早めに行うようにする方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>