• 225月

    不要な軽自動車が手元にあるなら、素早く売りに出したほうがよいかもしれません。なぜなら軽自動車は、いつの時代でもニーズが高いので、高く売れやすいと言われているからです。

    子供いるママさん用のセカンドカートや、シルバー世代の買い替えのとき、それに一人暮らしの女性が乗る車として、ニーズが幅広いのが軽自動車の特徴です。

    そんな軽自動車を売却するときには、軽自動車専門の買取業者を使うと、より高く売れるのではないでしょうか。オリジナルの販売網を持っているので、軽自動車の価値は、ほかに比べ高くなる傾向があります。

    また、中高車査定一括サイトを利用すると、手元の軽自動車の価値を調べてられて便利です。面倒な手間をかけずにいろいろな買取業者の見積もりを手に入れられるので、ムダな時間を大きく削ることができます。

    このように、手元に不要な軽自動車があるときは、売却してしまうとよいでしょう。高額で売れやすいですから、早めに行動することをおすすめします。

  • 225月

    中古車の査定の場合には、基本の価格が安い場合は状態がどんなにいいものでも、汚れたような高い基本の価格の車より低い査定額になります、

    この中古車の基本の価格は、人気度とも言われていますが、どのようなことで決まってくるのでしょうか?

    中古車の基本の価格は、人気のある車種かどうかで決まってきます。

    新車が同じ価格でも、人気のある車種と人気のない車種では中古車の価格が違ってきます。

    人気がある車種というのは、誰もが欲しいようなものです。

    中古車の基本の価格は、ボディーカラーで決まってきます。

    ボディーカラーというのは、一般的にはホワイトとブラックが人気があるそうです。

    ボディーカラーの他のものが同じであれば、ホワイトやブラックの方が高い査定額になります。

    中古車の基本の価格は、年式によって決まってきます。

    当然、古い年式ほど基本の価格は安くなります。

    中古車の基本の価格は、走行距離によって決まってきます。

    走行距離が大幅に標準より多い場合には評価がマイナスになり、少ない場合は評価がプラスになります。

  • 225月

    友人から車を売却したいと相談を受けました。

    私も車を売った事はあるのですが、あまりベストな売り方をしたとは言えないので、その時の反省点を主に話していきたいと思います。

    私が車を売った理由は、それまでの車が坂道を登るにもしんどそうな位パワーが無い車だったので、もっとゆったりと運転したいと思い、馬力があって少し大きめの自動車に買い替えたいと思ったからです。

    その時最初に訪れた車買取業者で下取りをして貰ったのですが、後で別の車買取業者でもっと高値で売れた事を知って後悔したのを覚えています。

    その他の反省点は、車を買った時に最初に付いていた付属品をキチンと用意出来なかったことです。

    良かれと思って自分で後から買った物に付け替えていたのですが、そのことは査定にプラスになることは無く、付属品が無かっただけマイナスになってしまいました。

    掃除もキチンとしたと思っていて、査定の際に見落としがあったことに気付きましたが、それで買取価格の値段が下がったどうかは分かりません。

    友人に話す時はその辺りの事を気を付ける様にアドバイスしようと思います。

  • 225月

    車買取の需要は、去年に入ってからかなり大きく増えているようです。ちょうど去年の1月になってから、その需要は大きく増えました。

    2年前までの車買取の需要は、400だったとしましょう。ところが去年の1月に入ってからの需要は、500ぐらいになったそうなのです。ですので去年に入ってからは、約25%程度は車買取の需要が増えたと言えます。

    ただし去年の夏に突入してからは、需要は少し減りました。しばらく車買取の需要はちょっと低迷している状況は続いていましたが、また今年の1月に入ってからその需要が増えてきているそうです。

    ちなみに去年の車買取の需要が増えた原因は、不明です。原因不明ではありますが、車買取のニーズが増えた事だけは確かです。もちろん今後の需要がどうなっていくのかは、現時点では分かりません。

    ですので車買取の業者にとっては、今はちょっと稼ぎ時といったところでしょうか。車買取の業者にとっては、しばらくの間は忙しい時期が続くのかもしれません。